エコケー株式会社

AirPods ProがMagSafe対応充電ケース同梱へ|価格そのまま

AirPods ProがMagSafe対応充電ケース同梱へ|価格そのまま

2021年10月19日(日本時間)AirPods(第3世代)の発表と同じタイミングで、AirPods Proの製品構成のアップデート( MagSafe対応充電ケース同梱へ )を発表しました。

 

そこで今回は、AirPods Proの充電ケースが MagSafe対応になったことによる

 

  • メリット
  • 旧AirPods ProのケースでもMagSafe充電可能か
  • 価格変更の有無

 

以上の情報についてご紹介します。

 

 

Magsafe(マグセーフ)とは?

MagSafeとは、Appleが開発した【マグネットを使用してワイヤレス充電ができる便利なシステム】のことです。

iPhoneはもちろん、今回の製品構成のアップデートにより同梱される「Magsafe対応充電ケース」の背面に磁力でピタッと張り付くため、正しい位置で充電することができます。

 

 

旧AirPods ProのケースでもMagSafe充電できる?

旧AirPods Proのケースでも MagSafe充電には対応していますが、本体に磁石が無く くっつかないため「置くだけ」となります。

旧AirPodsProのケースでもMagSafe充電できる?1旧AirPodsProのケースでもMagSafe充電できる?2

 

 

MagSafe充電のメリット

MagSafe対応のワイヤレス充電器を使うことによって、AirPods Proをより手軽に充電できるようになりました。

また、MagSafeは磁気固定式のため「乗せたつもりが、いつの間にかズレていて充電できていない…」といったことを回避することもできます。

 

MagSafeモバイルバッテリーとくっつけたままカバンに入れて充電することも可能で、角度がついたスタンド型のMagSafe充電パッドでも充電できるといった利点もあります。

※Qi規格の充電器を使ったワイヤレス充電や、Lightningコネクタを使った充電についても 従来どおり対応しています。

 

 

製品構成アップデートによる価格の変更はなし(30,580円のまま)

今回のAirPods Proの製品構成のアップデート(MagSafe対応充電ケースの同梱)による価格の変更はありません。(据え置きの30,580円(税込))

 

 

まとめ

今回は、AirPods Proの製品構成のアップデート(MagSafe対応充電ケースの同梱へ)によるメリットや、販売価格が据え置きになったことについてご紹介しました。

 

AirPods Proは今回の製品構成の変更によって、今まで感じていた煩わしさやストレスが軽減され、さらに便利なワイヤレスイヤホンになりました。

アクティブノイズキャンセリングや外部音取り込みモードを搭載した「音質重視」のワイヤレスイヤホンをお探しの方は、MagSafe対応充電ケースが同梱された「AirPods Pro」をご検討ください。

 

※なお、今現在では Appleストアにて AirPods Pro用 MagSafe対応充電ケースのみ(単品)の販売は行っていません。

 

エコケー株式会社では下記にて、2021年10月26日に発売された「AirPods(第3世代)」と AirPods Proの違いについてご紹介しています。

購入に迷われている方は、ご参考になさってください。

 

>>合わせて読みたい:差額は6,780円!【AirPods第3世代】第2世代やAirPods Proとの違いについて