エコケー株式会社

2021.12.14.

【失敗しない】2022年|初心者にも分かりやすいiPadの選び方

【2021年最新】初心者にも分かりやすいiPadの選び方

 

プライベートはもちろん、ビジネスシーンにおいても幅広く活躍している「iPad」。とはいえ、見た目ではわかりにくいデバイスでもあるため、今回初めてiPadを導入する方にとっては判断に迷うものです。

 

しかし、iPadは「用途別」にモデルを選ぶことで、あなたにピッタリなモデルを見つけることが可能です。購入前に選び方や気をつけるべきポイントを確認し、最適なモデルを探してみましょう。

 

 

iPadとは?

iPadとは?

 

iPadとは、アップル社が開発した「タブレット型端末」のシリーズ名で、タブレット型端末の中でも1番の人気を誇るデバイスです。

 

液晶ディスプレーを使って インターネット/電子メール/音楽/動画などを再生することができ「iTunes Store(Appleが提供しているサービス)」よりアプリをダウンロードすることで、パソコンのように使うことも可能です。

 

2022年現在では、以下の4種が販売されています。

 

  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini

 

また、それぞれ「第◯世代(◯番目に発売されたモデルという意味)」という表記により型を区別しており、価格は 3〜4万円ほどで購入できるリーズナブルなモデルから 10万円を超えるプロ仕様のものまで幅広くなっています。

 

 

【用途別】iPadの選び方

iPadとは?

 

iPadの選び方のポイントは「iPadを購入して、どのように使いたいか(用途)」にあります。モデルによって価格/スペックに大きな違いがあるため、購入前に一読し選んでみましょう。

 

iPadの主な用途は、以下の4つです。

 

  • 動画編集/絵を描く/PCのように使う
  • 音楽/動画/アプリなどをダウンロードして楽しむ
  • 価格とスペックのバランスが取れたモデルがほしい
  • 持ち運びやすさ重視+ネットサーフィンや読書など

 

1つずつくわしくご紹介します。

 

 

①主に動画編集/絵を描く/PCのように使いたい方:iPad Pro

①主に動画編集/絵を描く/PCのように使いたい方:iPad Pro

 

iPadを使って動画編集・絵を描く・PCとして使いたい方は「iPad Pro」がおすすめです。iPad Proは、プロユースにも耐えるハイスペックと高機能が魅力のモデルです。

 

▼主な特徴

 

  • 5G対応
  • M1チップ搭載
  • Face ID対応の唯一のモデル
  • iPad初のMagic Keyboard対応
  • 最大2TBの大容量ストレージ搭載
  • Apple Pencil(第2世代)対応の唯一のモデル

 

▼スペック

 

インチ数 11インチ(第3世代) 12.9インチ(第5世代)
サイズ(高さ×幅×厚さ)  247.6 × 178.5 × 5.9 mm  280.6 × 214.9 × 6.4 mm
重 量
466g
(Wi-Fiモデル)
468 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
682g
(Wi-Fiモデル)
684 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
プロセッサ M1チップ
オーディオ 4スピーカー
Apple Pencil ◯(第2世代)
Magic Keyboard
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB/2TB
カラー シルバー/スペースグレイ

 

 

続いて、iPad Proの魅力についてご紹介します。

 

iPad Proの魅力①パソコン並の処理性能を持つ

 

これまでの iPadシリーズは iPhoneと同じ「A〇〇チップ」を採用していましたが、iPad ProではMacシリーズ(パソコン)と同じ「M1チップ」が搭載されています。

 

M1チップは最新のMacBookやiMacに搭載されているチップですので、iPad Proは パソコン並の処理性能を獲得しているといえます。

 

具体的には処理速度が最大50%、グラフィック処理が最大40%高速化しているため、動画や画像の編集はもちろん、本格的なオンラインゲームも楽しむことが可能です。

 

 

iPad Proの魅力②最大2TBの大容量ストレージが選べる(iPad Proのみ)

 

最大2TBの大容量ストレージが選べるのは、iPad Proだけです。

 

ストレージの容量を気にすることなく、音楽・動画・アプリのインストール(ダウンロード)、写真を保存することができるため、iPadを長く使い続けたい方にもおすすめです。(後からストレージ容量を拡張することはできないため)

 

 

iPad Proの魅力③5Gに対応している

 

iPad Proは、iPadシリーズ初の5G対応モデルです。今後はどの端末においても5G対応が主流になると考えられているため、タブレットを買い換えるなら5G対応が狙い目です。

 

また、5G対応になることで ダウンロード・アップロードのスピードが格段に速くなると予想され、さらにタブレットの中でもより多くの5G周波数帯をカバーしているため、多くの場所で5Gが使える見込みです。

 

また、WiFi接続においても次世代規格(Wi-Fi 6)にも対応しています。

 

 

②音楽/動画/アプリをDLして楽しみたい方:iPad Air(第4世代)

②音楽/動画/アプリをDLして楽しみたい方:iPad Air(第4世代)

 

iPadに音楽や動画、アプリなどをたくさんダウンロードしたい方や、PC/iPadの両方を使いたい方は「iPad Air(第4世代)」がおすすめです。

 

iPad Air 4は2020年9月16日のAppleイベントで発表された、iPad Airの最新モデルです。

 

▼主な特徴

 

  • A14チップによる圧倒的な処理性能
  • フルディスプレイによって没入感ある映像が楽しめる

 

▼スペック

 

インチ数 10.9インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 247.6 × 178.5 × 6.1 mm
重 量
458g
(Wi-Fiモデル)
460 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
プロセッサ A14 Bionic
オーディオ 2スピーカー
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ 64GB/256GB
カラー シルバー/スペースグレイ/ローズゴールド/グリーン/スカイブルー

 

 

続いて iPad Air(第4世代)の魅力についてご紹介します。

 

iPad Airの魅力①Apple製の最新チップ「A14」搭載、圧倒的な処理性能を持つ

 

iPad Air(第4世代)は Apple製の最新チップ「A14」を搭載しているため、前回のモデル(iPad Air(第3世代):A12チップ)に比べて CPUが40% 高速化、GPUも30% 高速化されています。

 

そのため、従来のモデルでは画像・動画編集など 動作が重くなりがちだったクリエイティブな作業も軽快にこなすことが可能になりました。

 

 

iPad Airの魅力②フルディスプレイにより没入感のある映像を楽しむことができる

 

iPad Air(第4世代)は、iPad Proのデザインに似たフルスクリーンディスプレイ(表面にボタンなどが無いスッキリとしたデザイン)になっています。

 

前面に配置されていたホームボタンが廃止され、指紋認証(touch ID)は端末上部のトップボタンに組み込まれました。

 

そのため、10.9インチのフルスクリーンディスプレイ+ 2スピーカーとあわせて、没入感のある映像を楽しむことができます。

 

 

③価格とスペックのバランスが取れたiPadをお探しの方:iPad(第9世代)

③価格とスペックのバランスが取れたiPadをお探しの方:iPad(第9世代)

 

iPad Proなどの高価なモデルでなくとも iPadが欲しいという方は、スタンダードな「iPad(第9世代)」がおすすめです。

 

2021年9月のAppleイベントで発表されたモデルで、ユーザーの間では「iPad(無印)」や「無印 iPad」とも呼ばれています。

 

▼主な特徴

 

  • 周辺機器を揃えても安く済む
  • A13チップ搭載で処理能力アップ

 

▼スペック

 

インチ数 10.2インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 250.6 × 174.1 × 7.5 mm
重 量
487g
(Wi-Fiモデル)
498 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
プロセッサ A13 Bionic
オーディオ 2スピーカー
Apple Pencil ◯(※第1世代Apple Pencilのみ)
Smart Keyboard
ストレージ 64GB/256GB
カラー シルバー/スペースグレイ

 

 

続いて iPad(第9世代)の魅力についてご紹介します。

 

iPadの魅力①コスパが良い

 

エクセルなどのアプリをダウンロードすることで業務用ツールとして使うこともできるため、低価格のノートパソコンを購入するより圧倒的に活躍します。

 

また、対応している Apple Pencil や Smart Keyboard を揃えても、どちらも他のモデルより数千円ほど安く揃うことも魅力も1つです。

 

オンライン会議の端末としても使うことができ、iPadシリーズの中でもコスパは1番だという声も多いため、iPadを初めて導入される方にもおすすめです。

iPadの魅力②ホームボタン式 Touch IDを搭載している

 

iPad(第9世代)はホームボタン式 Touch ID を搭載しているため、マスクを外すことなく手軽に使うことができます。(Face IDではマスクを外す必要があるため)

 

 

iPadの魅力③Smart Keyboardを装着すれば文字入力程度の操作が可能に

 

iPad(第9世代)はSmart Keyboard(画面保護カバー兼スタンド/キーボード)を装着することで、文字を入力するくらいの作業をこなすことができます。

 

 

>>更に詳しく比較「iPad 9とiPad mini 6を比較!購入するならどっち?」を読む

 

 

④持ち運びやすさ重視+ネットサーフィンや読書などが目的の方:iPad mini(第6世代)

④持ち運びやすさ重視+ネットサーフィンや読書などが目的の方:iPad mini(第6世代)

 

iPadを手軽に持ち運びたい、ネットサーフィンや読書などに使いたい方は「iPad mini(第6世代)」がおすすめです。

 

iPad miniは片手で楽々持てるサイズなので、バッグにもスポッと入るサイズ感。とにかく手軽に使えるコンパクトなiPadをお探しの方にピッタリです。

 

▼主な特徴

 

  • True Toneディスプレイ
  • シリーズ最軽量の300g以下のボディ

 

▼スペック

 

インチ数 8.3インチ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 195.4 × 134.8 × 6.3 mm
重 量
293g
(Wi-Fiモデル)
297 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
プロセッサ A15 Bionic
オーディオ 2スピーカー(横向き)
Apple Pencil
Smart Keyboard
ストレージ 64GB/256GB
カラー スペースグレイ/ピンク/パープル/スターライト

 

 

※iPad miniのみSmart KeyboardなどのApple純正キーボードに対応していません。キーボード利用前提の方は純正品がないため、注意が必要です。

 

続いて iPad miniの魅力についてご紹介します。

 

 

iPad miniの魅力①コンパクトでも画質は◯!太陽光の下でも見やすい

 

画面が小さいiPad miniですが、小さいからといって画質には妥協しません。わずか7.9インチのディスプレイに 300万を超えるピクセルが詰め込まれているため、より本物に近い色を再現してくれます。

 

さらに True Tone 機能によって環境に合わせてホワイトバランスを調整してくれるため、光の強い太陽光の下でも暗い室内でも、ディスプレイを見やすく表示してくれます。

 

「画面が見にくい」「使いづらい」とは言わせない iPad miniです。

 

 

iPad miniの魅力②圧倒的に電子書籍や雑誌が読みやすい

 

コンパクトで片手でも持てるiPad miniは、電子書籍や雑誌を読むのに最適です。雑誌は、写真などイメージ中心のページなら見開きで表示できますし、文字をしっかり読むなら1ページ表示でちょうど良いです。

 

iPad miniであれば、バッグの中に忍ばせておくことで サッと取り出して読書を楽しむことができるため、通勤中や休憩時間など ちょっとしたスキマ時間を有効活用することができます。

 

 

>>更に詳しく比較「iPad 9とiPad mini 6を比較!購入するならどっち?」を読む

 

 

購入前に気をつけるべきポイント

購入前に気をつけるべきポイント

 

iPadは高価な電子機器の1つです。また、頻繁に買い換えるものではないため、購入前に気をつけるべきポイントをチェックしましょう。

 

 

①WiFiモデルとWiFi+Cellularモデルのどちらを買うべき?

 

iPadには、WiFiが飛んでいるエリアのみインターネットを利用できる「WiFiモデル」と、スマートフォンなどと同様に WiFiスポット以外でも通信ができる「WiFi + Cellularモデル」の2種類あります。

 

どちらが優れているのか一概には言えませんが、Cellularモデルの価格は10,000円〜15,000円ほど高く設定されています。

 

出先でもiPadを使いたい方は「WiFi+Cellularモデル」を、屋内での使用がメインになる方は、料金を安く抑えられる「WiFiモデル」でもこと足りるでしょう。

 

※テザリングオプションに加入している iPhone/iPad があれば、iPad Wi-Fi モデルをとつなぐことができます。

 

 

②どこで購入するとお得?

 

iPadはAppleの公式ストアだけでなく、ドコモ・au・ソフトバンクや家電量販店、格安SIMのショップ、中古携帯販売店などから購入することが可能です。

 

また、最近ではカバーを付けて使用するユーザーも多く、中古品でも問題ないという方も多く見受けられます。

 

▼ WiFiモデルとWiFi+Cellularモデルの購入可能な場所▼

 

WiFiモデル WiFi+Cellularモデル
Apple公式サイト
3キャリアショップ
Amazon
Amazon以外のネットショップ △(取り扱いがない場合あり)
家電量販店

 

 

まとめ:iPadの選び方をもとにベストなモデルを選ぼう!

まとめ:iPadの選び方をもとにベストなモデルを選ぼう!

 

今回は、iPadの選び方についてご紹介しました。内容を再掲すると以下のとおりです。

 

  • 動画編集/絵を描く/PCのように使う⇒ iPad Proがおすすめ
  • 音楽/動画/アプリなどをダウンロードして楽しむ⇒ iPad Airがおすすめ
  • 価格とスペックのバランスが取れたモデルがほしい⇒ iPad(無印)がおすすめ
  • 持ち運びやすさ重視+ネットサーフィンや読書など⇒ iPad miniがおすすめ

 

なお、iPadを屋外で使う予定の方は「WiFi+Cellularモデル」、屋内で使う予定の方は「WiFiモデル」がおすすめです。

 

今回の選び方をもとに、最適なiPadを探してみましょう。