エコケー株式会社

2022.02.07.公開 (2022.02.14.更新)

【2022年】大画面スマホおすすめランキング10選|7インチモデルも

【2022年】大画面スマホおすすめランキング10選|7インチモデルも

 

写真を撮るのが好き、よく調べものをする、映画やゲームを大迫力で楽しみたい方にとって「大画面スマホ」はとても気になる存在です。

 

今回は、大画面スマホを検討している方へ【2022年最新】大画面スマホおすすめランキング10選をご紹介します。

 

 

>>「【最新版】初心者にも分かりやすいiPadの選び方」を読む

 

 

【前提知識】「インチ」や「リフレッシュレート」とは?

【前提知識】「インチ」や「リフレッシュレート」とは?

 

スマホやテレビのディスプレイの大きさを表す「◯◯インチ」は、対策線の長さを表しています。

 

  • 1インチ=2.54 cm

 

今回ご紹介するランキングは「6インチ以上のスマホ」に限定しているため、画面の対角線上の長さはすべて「約15 cm以上」となります。

 

※ただし、インチの数値が同じでも 縦・横の長さの比率によっては、サイズ感が大きく異なることもあります。

 

 

また、スマホゲームをする方にとってとても重要な「リフレッシュレート」は、画面上の画像を更新する頻度を指します。

 

リフレッシュレートについて

 

1秒間に何回画像を更新できるかを表すため、上記のようにリフレッシュレートの数値が高いほど多く画像を更新し、なめらかな動き・映像を楽しむことができます。

 

以上のポイントをおさえておくと、目的に合ったより良いモデルを探しやすくなるはずです。

 

 

大画面スマホおすすめランキング10選

大画面スマホおすすめランキング10選

 

今回は、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで販売中の「6インチ以上のスマホ」を10種類ピックアップしました。

 

なお「上位のモデルほど画面が大きい」ということではありませんのでご注意ください。

 

大画面スマホおすすめランキング

  1. iPhone 13 Pro
  2. iPhone 13
  3. iPhone 13 Pro Max
  4. Pixel 6 Pro
  5. Pixel 6
  6. Xperia 1 Ⅲ
  7. Xperia 5 Ⅲ
  8. Xperia 10 Ⅲ
  9. Galaxy Z Fold3 5G
  10. Galaxy Z Flip2 5G

 

各モデルについてご紹介します。

 

 

1位:iPhone 13 Pro

1位:iPhone 13 Pro

 

iPhone 13 Proの画面サイズは、6.1インチ です。

 

前シリーズの「iPhone 12シリーズ」では、iPhone 12 ProとPro Maxの間にはカメラ性能の違いがありましたが、iPhone 13 シリーズではこの差がなくなりました。

 

世間では「持ち歩きやすさ、使いやすさに苦労しない限界サイズ」とも言われており、とても人気があるモデルです。

 

リフレッシュレートは最大120Hzに対応しています。(iPhone史上初)

 

 

iPhone13 Proのスペック

iPhone 13 Pro
画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ 高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ 203 g
アウトカメラ 1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ 1,200万画素
ROM 128GB・256GB・512GB・1TB
CPU A15 Bionic
認証 Face ID(顔認証)
防水 IP68等級
5G対応 ◯(Sub6波のみ)
カラー グラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー

 

 

iPhone13 Proの価格一覧

iPhone 13 Pro 128GB 256GB 512GB 1TB
ドコモ 通常価格 142,560円 165,528円 197,208円 226,512円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 143,040円 156,995円 185,015円 212,920円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 144,000円 157,680円 186,480円 214,560円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 122,800円 134,800円 158,800円 182,800円
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る
Apple 通常価格 122,800円 134,800円 158,800円 182,800円
詳細 Apple公式サイトを見る

 

 

2位:iPhone13

2位:iPhone13

 

iPhone13も、iPhone13 Proと同じ 6.1インチ です。

 

iPhone13 Proとちがい、望遠カメラとLiDAR(光を使って距離を測定するセンサー)が搭載されていません。また、リフレッシュレートは最大60Hzです。

 

ここの部分が気にならなければ、iPhon13 Proより安く購入できるためおすすめです。

 

 

iPhone13のスペック

iPhone 13
画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ 高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ 173 g
アウトカメラ 1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ 1,200万画素
ROM 128GB・256GB・512GB
CPU A15 Bionic
認証 Face ID(顔認証)
防水 IP68等級
5G対応 ◯(Sub6波のみ)
カラー (PRODUCT RED)・スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク

 

iPhone13の価格一覧

iPhone 13 128GB 256GB 512GB
ドコモ 通常価格 111,672円 125,136円 164,736円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 115,020円 128,970円 156,995円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 115,920円 129,600円 157,680円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 98,800円 110,800円 134,800円
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る
Apple 通常価格 98,800円 110,800円 134,800円
詳細 Apple公式サイトを見る

 

 

3位:iPhone13 Pro Max

3位:iPhone13 Pro Max

iPhone13 Pro Maxの画面サイズは6.7インチです。iPhone12 Pro Maxと同じく、iPhone史上最大の画面サイズとなっています。

 

しかし、iPhone12 Pro Maxより12g重く、片手で操作する際にやや重たく感じることも。購入前に実機を手に取り、iPhone13 Proではなく「Pro Maxが必要かどうか」を吟味することをおすすめします。

 

なお、リフレッシュレートは最大120Hzです。iPhone13 ProとPro Maxの比較については、以下の記事をご参照ください。

 

>>「【どちらを買うべき?】iPhone13 ProとPro Maxの違い」を読む

 

 

iPhone13 Pro Maxのスペック

iPhone13 Pro Max
画面サイズ 6.7インチ
本体サイズ 高さ:160.8 mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.65 mm
重さ 238 g
アウトカメラ 1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ 1,200万画素
ROM 128GB・256GB・512GB・1TB
CPU A15 Bionic
認証 Face ID(顔認証)
防水 IP68等級
5G対応 ◯(Sub6波のみ)
カラー グラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー

 

 

iPhone13 Pro Maxの価格一覧

iPhone 13 Pro Max 128GB 256GB 512GB 1TB
ドコモ 通常価格 165,528円 182,160円 213,048円 243,144円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 156,995円 170.945円 198,965円 226,870円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 157,680円 172,080円 200,160円 228,240円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 134,800円 146,800円 170,800円 194,800円
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る
Apple 通常価格 134,800円 146,800円 170,800円 194,800円
詳細 Apple公式サイトを見る

 

 

4位:Pixel 6 Pro

4位:Pixel 6 Pro

 

Pixel 6 Proの画面サイズは 6.7インチ、Google初のオリジナルチップ「Tensor」を搭載したGoogle純正スマホです。

 

写真に写り込んだ物体を、後から簡単に消去できる「消しゴムマジック」など、GoogleのAIを活かした機能をフル活用することができます。

 

3年間のAndroid OSアップデート+5年間のセキュリティアップデートが保証されているため、現在販売中のスマホの中ではもっとも長く、安心して使えるモデルです。

 

なお、リフレッシュレートは最大120Hzです。

 

 

Pixel 6 Proのスペック

Pixel 6 Pro
画面サイズ 6.7インチ
本体サイズ 高さ:163.9 mm
幅:75.9 mm
厚さ:8.9 mm
重さ 210 g
アウトカメラ 広角:5,000万画素
望遠:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ 1,110万画素
バッテリー 4905 mAh(最小)
RAM 12GB
ROM 128GB・256GB
CPU Google Tensor
OS Android 12
認証 指紋
カラー Cloudy White・Sorta Sunny・Stormy Black

 

 

5位:Pixel 6

5位:Pixel 6

 

Pixel 6の画面サイズは6.4インチです。

 

Pixel 6 Proとの違いは、望遠カメラが搭載されていない、リフレッシュレートが最大120Hzではなく最大90Hzであることです。

 

また、Pixel 6 Proはエッジディスプレイであるのに対して、Picxel 6はフラットディスプレイと、好みが分かれるところでもあります。

 

 

Pixel 6のスペック

Pixel 6
画面サイズ 6.4インチ
本体サイズ 高さ:158.6 mm
幅:74.8 mm
厚さ:8.9 mm
重さ 207 g
アウトカメラ 広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 4,524 mAh(最小)
RAM 8GB
ROM 128GB・256GB
CPU Google Tensor
OS Android 12
認証 指紋
カラー Sorta Seafoam・Kinda Coral・Stormy Black

 

 

Pixel 6の価格一覧

Pixel 6 128GB 256GB
ドコモ 通常価格 (取扱なし) (取扱なし)
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 82,695円 (取扱なし)
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 85,680円 99,360円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 (取扱なし) (取扱なし)
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る

 

 

6位:Xperia 1 Ⅲ

6位:Xperia 1 Ⅲ

 

Xperia 1 Ⅲの画面サイズは6.5インチです。

 

Snapdragon 888を搭載したハイエンドモデルのため、スマホゲームを楽しみたい方にもおすすめです。(処理能力:Pixcel 6/6 Proを上回っています)

 

また、Xperiaには21:9の超縦長ディスプレイを採用しています。映画館のスクリーンに近いアスペクト比なので、画面を横にして映画を見ても上下に黒い帯(レターボックス)が表示されません。

 

しかし、横画面で使うには幅が狭く、Xperiaファンの間でも賛否両論ありますが、個性あふれるモデルでもあります。

 

なお、リフレッシュレートは最大120Hzです。

 

 

Xperia 1 Ⅲのスペック

Xperia 1 Ⅲ
画面サイズ 6.5インチ
本体サイズ 高さ:165 mm
幅:71 mm
厚さ:8.2 mm
重さ 188 g
アウトカメラ 超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ 約800万画素
バッテリー 4,500 mAh
RAM 12GB
ROM 256GB
CPU Snapdragon 888
認証 指紋
カラー ロストブラック・フロストパープル

 

 

Xperia 1 Ⅲの価格一覧

Xperia 1 Ⅲ 256GB
ドコモ 通常価格 154,440円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 178,000円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 188,640円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る

 

 

7位:Xperia 5 Ⅲ

7位:Xperia 5 Ⅲ

 

Xperia 5 Ⅲの画面サイズは6.1インチです。

 

Snapdragon 888搭載、21:9インチの超縦長ディスプレイ、リフレッシュレートは最大120Hzである点はXperia 1 Ⅲと同じです。

 

Xperia 1 Ⅲでは「縦に長過ぎる‥‥」と感じる方は、サイズダウン版のXperia 5 Ⅲをおすすめします。

 

 

Xperia 5 Ⅲのスペック

Xperia 5 Ⅲ
画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ 高さ:157 mm
幅:68 mm
厚さ:8.2 mm
重さ 168 g
アウトカメラ 1,220万画素 × 3
トリプルレンズカメラ
バッテリー 4,500 mAh
RAM 8GB
ROM 128GB
SoC Snapdragon 888 5G
カラー フロストブラック・フロストシルバー・グリーン・ピンク

 

Xperia 1 Ⅲの価格一覧

Xperia 1 Ⅲ 128GB
ドコモ 通常価格 113,256円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 121,405円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 137,520円
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る

 

 

8位:Xperia 10 Ⅲ

8位:Xperia 10 Ⅲ

 

Xperia 10 Ⅲの画面サイズは6.0インチです。

 

Xperia 1/5と同じ21:9の超縦長ディスプレイですが、Snapdragon 888ではなく、690を搭載したエントリーモデルです。

 

リフレッシュレートは最大60Hzで、安さが売りのモデルであるため「ハイスペックでなくても良い」「21:9の超縦長ディスプレイを使ってみたい」という方におすすめです。

 

 

Xperia 10 Ⅲのスペック

Xperia 10 Ⅲ
画面サイズ 6.0インチ
本体サイズ 高さ:154 mm
幅:68 mm
厚さ:8.3 mm
重さ 169 g
アウトカメラ 標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
バッテリー 4,500 mAh
RAM 6GB
ROM 128GB
CPU Qualcomm
Snapdragon 690
カラー ブラック・ホワイト・ブルー・ピンク・イエロー(ドコモ限定)

 

 

Xperia 10 Ⅲの価格一覧

Xperia 10 Ⅲ 128GB
ドコモ 通常価格 51,480円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 53,985円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 (取扱なし)
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 46,800円
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る

 

 

9位:Galaxy Z Fold3 5G

9位:Galaxy Z Fold3 5G

 

Galaxy Z Fold3 5Gは、開いた状態で7.6インチ、閉じた状態で6.2インチの「横折りスマホ」です。

 

現代ではまだまだ横折りスマホはめずらしく(Galaxy Z Fold3 5Gを使っていると)周りから声を掛けられるほど奇抜なモデルでもあります。

 

とはいえ、Snapdragon 888を搭載しているハイエンドモデル+リフレッシュレートは最大120Hzなので、スペック面も問題ありません。

 

 

Galaxy Z Fold3 5Gのスペック

Galaxy Z Fold3 5G
画面サイズ 7.6インチ
折りたたみ時の画面サイズ 6.2インチ
本体サイズ 高さ:158.2 mm
幅:128.1 mm
厚さ:6.4 mm
折りたたみ時のサイズ 高さ:158.2 mm
幅:67.1 mm
厚さ:14.4~16.0 mm
重さ 271 g
アウトカメラ 超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
バッテリー 4,400 mAh
RAM 12GB
ROM 256GB
CPU Snapdragon 888
カラー ファントムブラック(ドコモ・au)・ファントムグリーン(au)

 

 

Galaxy Z Fold3 5Gの価格一覧

Galaxy Z Fold3 5G 256GB
ドコモ 通常価格 237,600円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 237,565円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 (取扱なし)
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 (取扱なし)
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る

 

 

10位:Galaxy Z Flip3 5G

10位:Galaxy Z Flip3 5G

 

Galaxy Z Flip3 5Gは開いた状態で6.7インチ、閉じた状態で1.9インチの「縦折りスマホ」です。

 

こちらもSnapdragon 888を搭載しているハイエンドモデルで、リフレッシュレートは最大120Hzです。

 

Galaxy Z Fold3 5Gと同じく「めずらしい

スマホ」に分類しますが、Galaxy Z Fold3 5Gよりもリーズナブルなところは魅力的ですね。

 

 

Galaxy Z Flip3 5Gのスペック

Galaxy Z Flip3 5G
画面サイズ 6.7インチ
折りたたみ時の画面サイズ 1.9インチ
本体サイズ 高さ:166 mm
幅:72 mm
厚さ:6.9 mm
折りたたみ時のサイズ 高さ:86.4 mm
幅:72.2 mm
厚さ:17.1~15.9 mm
重さ 183 g
アウトカメラ 超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
バッテリー 3,300 mAh
RAM 8GB
ROM 128GB
CPU Qualcomm Snapdragon 888 オクタコア
カラー ファントムブラック・クリーム

 

 

Galaxy Z Fold3 5Gの価格一覧

Galaxy Z Fold3 5G 256GB
ドコモ 通常価格 148,896円
詳細 ドコモ公式サイトを見る
au 通常価格 148,925円
詳細 au公式サイトを見る
ソフトバンク 通常価格 (取扱なし)
詳細 ソフトバンク公式サイトを見る
楽天モバイル 通常価格 (取扱なし)
詳細 楽天モバイル公式サイトを見る

 

 

大画面スマホをおすすめする理由(メリット)

大画面スマホをおすすめする理由(メリット)

 

大画面スマホをおすすめする理由(メリット)は、以下のとおりです。

 

  • 目が疲れにくい
  • 記事・写真が見やすい
  • 大迫力の映像を楽しめる
  • スマホゲームが遊びやすい

 

小さな画面を見続けるよりも目が疲れにくく、大画面だからこそ映像の迫力が増すため、より臨場感のある映画やドラマを楽しむことができます。

 

また、スマホで撮った写真も見やすくなるため、よくカメラを使う人にもおすすめです。

 

スマホゲームはグラフィックのクオリティが高くなっているため、高画質なゲームをプレイする際にも最適です。

 

 

大画面スマホのデメリット

大画面スマホのデメリット

 

大画面スマホを使う際の「デメリット」をご紹介します。

 

  1. かさ張る
  2. 片手で操作しにくい
  3. 通話中に手が疲れてしまう
  4. バッテリーの充電に時間がかかる

 

今回ご紹介したモデルの中には「片手で持てるサイズ」ではないモノもあり、片手で操作しにくい・持ち運びにくいといったデメリットがあります。

 

また、画面サイズが大きい=バッテリーの消耗が早いため「バッテリー容量」は大きくなっています。

 

急速充電に対応しているスマホであれば問題はありませんが、対応していない場合は充電に時間がかかる・消耗が早いため劣化する速度も早いといったデメリットもあります。

 

 

【補足】軽減されたデメリットもあり

とはいえ、近年の大画面スマホは以下のとおり少しずつデメリットを解消しています。

 

  1. 折りたたみタイプの登場
  2. 価格帯の幅が広くなった
  3. マルチウィンドウで操作性UP
  4. ベゼルレス化で本体の大型化を制御
  5. スマートウォッチと併用して利便性UP
  6. 「指が届かない」を解消するタッチレス操作

 

1つずつ解説します。

 

 

①折りたたみタイプの登場

「大画面で、持ち運びやすいモデルがほしい」という方のために、有機ELパネルを採用した「折りたたみタイプのスマホ」が登場しました。

 

まだまだ高額モデルではあるものの、大画面でもコンパクトに持ち運びができるためとても便利です。

 

 

②価格帯の幅が広くなった

大画面スマホを求める方が増えている現代では、価格帯の幅が広くなり、選びやすくなりました。スペックにこだわらなければ、6インチ以上のスマホでもかなり安く購入できるようになっています。

 

 

③マルチウィンドウで操作性UP

マルチウィンドウ(複数のアプリ・画面を同時に表示する機能)が搭載され、操作性がUPしました。(Androidでは「Android 7.0」以降のモデルに搭載しています)

 

また、Appleの「簡易アクセス機能」や、サムスン独自OSの「One UI」など、指が画面の端まで届かない方をサポートする機能も増えています。

 

ファーウェイの「Smart Multi-Window」では、同時に3つの画面を好きなサイズ、好きな配置で表示することも可能です。

 

 

④ペゼルレス化で本体の大型化を制御

ペゼル(ウィンドウを取り囲む額縁)レス化により、ワイドディスプレイを実現しつつ「大画面でも持ちやすいスマホ」が次々に誕生しています。

 

ペゼルレスなつくりになることで、画面が大きくても本体サイズを抑えることができています。

 

 

⑤スマートウォッチと併用して利便性UP

大画面スマホの「携帯性」を軽減するためには、スマートウォッチと併用することをおすすめします。

 

通話を受ける、簡単なメッセージを送るなどの操作は、スマートウォッチでも可能です。大画面スマホをスマートに使いたい方は、スマートウォッチとの併用を検討してみましょう。

 

 

⑥「指が届かない」を解消するタッチレス操作

指が届かない=操作しにくいというデメリットを解消するため「タッチレス操作」が登場しました。画面に触れず、指が浮いた状態で入力操作ができるため「空中タッチパネル」ともいわれています。

 

 

まとめ:大画面スマホは目的にあわせて選ぶと強い味方に!

今回は「大画面スマホおすすめランキング10選」をご紹介しました。

 

大画面スマホはかさ張る点や片手で操作しにくいなどのデメリットもありますが、記事や写真が見やすく、大迫力の映像を楽しめるという大きなメリットがあります。

 

スマホゲームを大画面で楽しみたい方は「リフレッシュレート」なども意識しつつ、目的にあったモデルを探してみましょう。

 

 

>>「スマホを2台持ちするメリット・デメリット」を読む

 

>>「中古スマホはどこで買う?おすすめの販売店と選び方」を読む

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。